menu

生命保険に告知義務違反で加入するとどうなる?

生命保険に加入する時には、過去の病歴や現在の健康状態について保険会社に報告する告知義務があります。保険に加入する時にこの告知を正しく行わず、故意に嘘の告知をした時などには、保険金や給付金を受け取れなくなる可能性や契約が解除になる可能性があります。

告知義務違反とは

保険の対象となる被保険者が、故意または重大な過失によって重要な事実を告知しなかった場合、または事実と違う告知をしていた場合は告知義務違反です。告知義務違反は契約をした後で、告知内容の確認が保険会社から行われた場合、または保険金や給付金の請求が行われた時の調査で判明することがあります。

なぜ告知をする必要がある?

生命保険に加入する時に告知をする必要がある理由として、生命保険の制度に関係があります。生命保険は、保険の契約をしている人たちで保険料を出し合い、そこから保険金や給付金を出し合って成り立っています。そのため既に健康状態が良くない人が何も不利な条件もないままで契約してしまうと、保険料を負担する上での公平性が失われることになります。

健康状態が悪くても加入できる可能性はある

保険料の公平性を保つためにも、過去の病歴や現在の健康状態についてありのままの事実を報告することが必要になりました。健康状態によって保険会社は引き受けを断ることもありますし、加入できても保険料は健康な人より高くなる場合があります。簡単な告知で加入できる緩和型の保険などもありますので、健康状態が悪いから絶対に保険に入れないというわけではありません。

告知義務違反をしたら?

保険会社は告知義務違反を知った時に保険契約を解除することが可能です。解除になると保険金や給付金の支払事由に該当していても支払われません。ただし保険金の支払事由と告知義務違反の内容に因果関係がないことが証明されれば、通常通り保険金や給付金は支払われることになります。

告知義務違反をしていて2年経過した場合

告知義務違反があっても、2年間何も無く契約が続けば特に問題は無いとも言われています。これは保険の約款に告知義務違反による解除期限が2年と記載されていることが理由です。ただし保険法では告知義務違反による解除期限は5年になっています。そのため告知義務違反で加入しても、2年間の間に保険金や給付金の支払事由が発生されると、責任開始日から5年以内なら告知義務違反で契約が解除される可能性があります。

告知義務違反による解除で契約が無駄になる

契約前に受けていた治療があったけれど告知をせずにその病気が契約後すぐに悪化して入院した場合や、契約前に慢性C型肝炎で通院していたが告知せずに加入し、それから1年経って慢性C型肝炎を原因とする肝臓がんで入院をしたという場合などは、告知義務違反による解除に該当してしまいます。告知義務違反で契約が解除されると、保険金や給付金を受け取ることができなくなりいざという時に困ることになります。正しい告知で加入するようにしてください。

生命保険の解約返戻金って何?いつ解約すれば良い?

医療費の支払いで老後破産しないために医療保険での備えを

関連記事

  1. 医療保険は解約のタイミングを間違うと危険!

    保険の見直しを行った時、今加入している保険を継続するよりも新しく保険に入りなおしたほうが良い場合もあ…

  2. 生命保険のクーリングオフの条件とは?

    契約後、一定期間内に契約をなかったことにできる制度がクーリングオフです。決められた期間内であれば契約…

  3. 保険の逆選択とは?保険の仕組みを守るために

    保険の逆選択とは保険事故が発生するリスクが高いことをわかっていながらも、保険を契約しようとすることを…

  4. 医療保険の負担割合は年齢と所得で決まる?

    病院やクリニックなど、医療機関を受診した時には公的医療保険の保険証を提示します。提示することにより、…

PAGE TOP