menu

生命保険でもクーリングオフが使える?

クーリングオフは一度申込みした後でもその申込みを撤回することができる制度です。生命保険や損害保険等の保険期間が1年を超える契約はクーリングオフの対象となります。ただし申込みの際に医師の診査が終了している時、申し込みの意思を明確にした上で保険会社等に訪問して契約をした場合や、法人契約等の場合にはクーリングオフの対象から外れますので注意しましょう。新規に生命保険を契約した場合や転換した場合はクーリングオフ制度の対象ですが、既にある契約を更新した場合や特約を中途付加した場合は対象外です。

保険契約のクーリングオフの方法は?

保険契約の場合、クーリングオフに関する書面を受け取った日、もしくは申込日のどちらか遅い日からその日を含めて8日以内(生命保険会社によって異なる)なら申込みの撤回が可能です。中には、15日以内としている保険会社や、30日以内という長期に渡る期間を設けている保険会社もあります。申込みの際に渡される「契約のしおり」の中に記載があるはずですので確認しましょう。

第一回目の保険料がクレジットカード払いの場合

クレジットカードで保険料を支払う契約にしている場合には、契約申込み日もしくはクレジットカードの有効性を保険会社が確認した日のどちらか遅い日から、その日を含めて8日以内がクーリングオフ期間です。

クーリングオフが受け付けられたらどうなる?

クーリングオフが受け付けられ申込みが撤回されれば、生命保険会社は第1回保険料を全額返金します。ただし生命保険会社によっては、申込日からその日を含めて8日以内となっている場合がありますので注意しましょう。

クーリングオフの方法

クーリングオフは書面で行うことが法律で規定されています。書面とは、はがき、FAX、封書、内容証明郵便などです。保険会社の本社や支社に電話で申し出を行い、担当者など申し出る方法でもクーリングオフを問題なく受け付けてもらえる場合もあります。ただし、電話で申し出を行ったとしても、郵便での通知を求められること、またはクーリングオフの書式を交付され記入を求められることもあります。後にトラブルにならないように保険会社の担当者などの指示に従うようにしましょう。保険契約を保険代理店で行っていた場合でも、クーリングオフの通知書を送付する場所は保険会社ですのでこの点も間違わないようにしてください。

クーリングオフを使わなくて良い契約を

クーリングオフは消費者を保護するという観点で有効な制度です。しかし積極的に使う制度ではなく、本来であれば納得した上で契約することが重要です。クーリングオフをした場合には、申込みで使った書面や時間、労力が無駄になるということも理解しておきましょう。生命保険の加入する際には、その保険が本当に必要な保険なのかを十分に検討して申込みを行うようにしましょう。そして必要な保障だと判断して加入した場合には、長く継続していけることが大切です。

医療保険の給付金を受け取ったら確定申告の控除の計算は?

関連記事

  1. 後期高齢者が3割負担だけでなく介護保険も3割負担に?

    ケガや病気で医療機関を受診した時には、窓口で保険証を提示して療養の給付を受けることになるでしょう。公…

  2. 生命保険はいらない?本当に加入しておくべき?

    生命保険はリスク管理から見た場合にはリスクを移転することになります。保険の仕組みを使ってリスクを他者…

  3. 公的医療保険の高額療養費制度とは?

    民間保険会社の医療保険へ加入することを検討する場合、まずは公的な医療保険制度である「健康保険」や「国…

  4. 保険料の無駄を防ぐために医療保険の見直しを!

    医療保険に加入している人は、保険の窓口担当者に勧められて加入したという人、知り合いが強く勧めるから加…

  5. 医療保険は解約のタイミングを間違うと危険!

    保険の見直しを行った時、今加入している保険を継続するよりも新しく保険に入りなおしたほうが良い場合もあ…

  6. 生命保険のクーリングオフの条件とは?

    契約後、一定期間内に契約をなかったことにできる制度がクーリングオフです。決められた期間内であれば契約…

PAGE TOP