menu

保険料の無駄を防ぐために医療保険の見直しを!

医療保険に加入している人は、保険の窓口担当者に勧められて加入したという人、知り合いが強く勧めるから加入したという人など、理由は様々です。しかしその内容を完璧に把握できている人はそれほど多くありません。実際には自分にそれほど必要性がないかもしれないけれど、保障が手厚いからというだけの理由で特約などがくっついている可能性もあります。さらに保障自体は必要なものだけれど、その人に適した保険金額になっていない可能性もありますので、定期的に保険の内容は見直しをしたほうが良いでしょう。

医療保険の見直しは最適化すること

医療保険の保障内容を見直すことで、保険料の節約になることもあります。必要な保障だけが確保でき、保険料が節約できれば保険が最適化できることになります。医療保険の中でどのような保障を重視するべきかを決める時には、その人の年齢、職業、家族構成、収入、親族の病歴、生活環境など色々なことが影響するので一概には言えません。

医療保険の保障の手厚さは人それぞれ

サラリーマンの人で勤務先の福利厚生が充実しており、長期間仕事を休んでも手当てなどで収入維持が見込める人は保障を削減しても良いでしょう。しかし自営業なので入院して仕事ができなくなると収入に影響が及びやすい人や、小さな子供がいる母子家庭のお母さんなどは子供を入院中預けることができる託児所などの費用などが必要です。さらに預貯金が少ない人も医療保険の保障は手厚いほうが良いと考えられます。ある程度預貯金で必要になる医療費を賄うことができる人は医療保険に加入しなくても良いですが、預貯金がないと様々な部分で支払いができません。

短期化する入院の日数に合った保険内容?

近年では病院で入院する期間は短期化されています。今は入院日数が長いよりは入院での治療から通院での治療へと移行している傾向にあります。その背景には医療技術の高度化や社会の変化があります。身体にダメージが少ない治療が増加し、通院で治療が可能になりました。さらに人口の高齢化によって入院患者が増加し、その医療費を抑制するための国の政策とも取れるでしょう。入院が短期化したということは、入院給付金は日帰り入院から即支払われるものでないと今の医療には対応できないと考えられます。入院の5日目から給付金が支払われる形になっているものもありますので注意しましょう。

これから迎えるライフイベントのために

年齢にともない、人生には様々なイベントがあります。進学、就職、結婚、出産、マイホーム購入、子供が大学へ入学、セカンドステージの始まり…と、その中でも細かいイベントは盛りだくさんです。そのためにはまとまった資金が必要だったり、万が一自分に何かあった時のための家族への保障が必要だったり、さらこれからは老後や介護についても目をむけておく必要があります。年金制度も将来どのような形でいつから支払われるのか不安なところがあります。医療保険の無駄をできるだけ省き、必要な保障を確保できるように保険を見直すことが大切だと言えます。

医療費の支払いで老後破産しないために医療保険での備えを

保険の逆選択とは?保険の仕組みを守るために

関連記事

  1. 後期高齢者が3割負担だけでなく介護保険も3割負担に?

    ケガや病気で医療機関を受診した時には、窓口で保険証を提示して療養の給付を受けることになるでしょう。公…

  2. 生命保険でもクーリングオフが使える?

    クーリングオフは一度申込みした後でもその申込みを撤回することができる制度です。生命保険や損害保険等の…

  3. 生命保険はいらない?本当に加入しておくべき?

    生命保険はリスク管理から見た場合にはリスクを移転することになります。保険の仕組みを使ってリスクを他者…

PAGE TOP